スポンサーリンク

海外で活躍するためのメンタル

Knowledge
スポンサーリンク



友人が海外転勤するとのことで、先日軽く送別ランチをしました。
(本当はお酒でも飲みながら語りたかったけど、ガマンガマン)

彼はブラジルはサンパウロへ転勤とのこと。
(この時期にブラジル?・・・大丈夫か?)

ブラジルといえばサッカーということで、必然的にサッカーの話題にもなり、そこから発展して海外で活躍する日本人選手の話題になりました。

海外のクラブに移籍する日本人選手は、ここ数年でにわかに増えて来ているようですね。

特にドイツやベルギーをはじめとするヨーロッパに活動の場を移している選手は40人近くもいるんですね。

友人曰く「少し前であれば海外に行くことに意味があるような風潮だったけど、最近では海外に行くだけでなく、そこで活躍してナンボという見られ方になってる」とのこと。

なるほど。
確かに、現地の人からすれば日本人選手は助っ人外国人なのだ。
「勉強に来ました〜」では論外かも知れませんね。
さらに、最近は海外のクラブチームに移籍しても、コンスタントに試合に出て活躍していないと、日本代表にだって呼ばれなかったりしますからね・・・。

最近は、海外に行っている選手だからと、特別視されなくなってきているのでしょうね。

厳しい現実だ・・・。

ドイツの人にとって、日本人選手は「助っ人外国人」なのだ
スポンサーリンク

海外で活躍するために必要なこと

では、海外で「活躍」するためには、何が必要なのでしょうか?

少し前、「FOOT×BRAIN」という番組に、野球の川﨑宗則選手が出演していて、海外で成功するための秘訣のようなことを話していたのを思い出しました。

川﨑宗則選手は、元WBC日本代表で世界一になったこともあり、2016年には大リーグのカブスで、ワールドシリーズを制覇したこともある、野球ファンにとっては言わずと知れた、すごい選手ですね。

その、川崎選手の言う秘訣とは。

一瞬一瞬をハッピーに過ごすこと

川﨑選手曰く『その時その時をハッピーに生きていけば何かが生まれる』とのこと。


私なりに、勝手に解釈させていただきますと、

これはいつどんな時も、前向きにということでしょうね。

外国だから、日本だからと関係なく、世界中どこにいても、これは成功するための前提となる心持ちのように感じます。

時には試合に出れなくて、へこむことはあるかも知れませんが、「今こうして海外にいる」ということは、自分の実力が認められ、人々から期待されているということ。

だから、どんなことがあろうとも「自分にはできるんだ!」という自信を見失わないことがとても重要なのだと思います。

自分を信じよう!

その環境に溶け込む

そして『環境を大事にすること』とのこと。

私も、これはとても大事なことだと思いました。

活躍するためには、一番大事な要素であるような気がします。

日本にいた時と環境が違うのは当たり前なのだから、コミュニケーションがうまくとれない、アレがない、これもないと、ワガママは言えないですよね。
厳しいですが。

つまり、ないものねだりをするのではなく、今置かれた環境に適応せよということでしょう。

いくら実力があっても、その環境に馴染めず、持っているチカラを発揮できない選手も多いですよね。

海外からビッグネームがやって来ても大して活躍できずに去っていくことも多々ありますし。
(逆に名前も聞いたことない助っ人外国人が大活躍することもある・・・)

それはやはり、環境に馴染めないことが大きな原因のひとつだと思います。


ちなみに、川﨑選手は、渡米する際、英語がまったく話せなかったようです。

でも、通訳はあえてつけなかったようです。
当然、最初はミーティングで監督が言っていることも全くわからなかったそうなのです。

しかし英語が喋れなくとも、チームメイトと積極的にコミュニケーションを取ろうという姿勢が認められ、次第に食事や飲み会にも誘われるようになったとのこと。

チームメイトとするレストランやBARでの会話が一番英語の勉強になったようです。

そうこうしているうちに、言葉も理解できるようになり、次第に試合に出られるようにもなったようです。

せっかく外国に来たのだから、自分から環境に溶け込んでいく努力が必要なのですね。

仲間とも積極的に溶け込もうとすることが大事

モチベーションの維持

川﨑選手「憧れの存在を意識せよ」とも言ってました。

これは、自分なりのモチベーションを保つ方法、あるいは上げる方法を見つけよということだと思います。

川﨑選手はイチロー選手に憧れ、イチロー選手を追いかけるカタチで渡米したようですが、常に憧れの選手を意識することで、モチベーションを保ったのでしょう。

モチベーションの保ち方はひとそれぞれだと思いますが、自分のやる気ボタンは何によって押されるのか、自分を知っておくことが大事なのでしょう。

家族の存在、ファンの存在など、いろいろあると思います。

自分のモチベーションを上げる方法、あるいは保つ方法を考えよ

まとめ

海外で活躍するために必要なこととは。

・いつでも前向きに、自分に自信を持つこと

・置かれた環境に積極的に溶け込むこと

・自分なりのモチベーションの保ち方を知ること

これって、「海外で活躍する」ためだけに必要なものではなく、日本にいてもどこにいても、いつも大事な心掛けですね。

友人もブラジルで大活躍して欲しい。

サンパウロの街角

私も、日本で頑張ります!

Knowledge
スポンサーリンク
Kenをフォローする
スポンサーリンク

東京の湾岸エリア在住。
妻、息子、娘の4人暮らしのビジネスマンです。

サッカーはど素人ですが、息子が少年サッカーチームに入ったことから、私も楽しみながらサッカーを勉強して行こうと思っています。

スポーツをして汗をかいたり、本を読んだり、旅行に出かけたりすることが好きです。
特に最近は台湾にハマっています。

Kenをフォローする
子供とお出かけトキドキひとり時間♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました